用具購入に必要な金額の目安

>

 

中里ミニマックスでは試合用ユニフォーム上着1着とヘルメット、冬季のグラウンドコート、背番号2枚を部から貸与しますので購入の必要はありません。

 

個人で購入する用具と、金額の目安などについてご紹介します。

※あくまでも目安です!

 

必ず必要なもの 合計16,300円程度

  • ・帽子(ミニマ帽):2,300円
  • ・練習用ユニフォーム上着1ズボン1:4,000円
  • ・ベルト:1,000円
  • ・靴下(3足):1,000円
  • ・アンダーソックス・バンド:1,500円
  • ・アンダーシャツ(2枚):2,500円
  • ・トレーニングシューズ:4,000円

 

順次必要になるもの 合計23,000円程度

  • ・グローブ:8,000円
  • ・バット:10,000円
  • ・スパイク:5,000円

 

その他(必ずしも必要ではないもの)

  • ・カバン
  • ・バットケース
  • ・バッティング用手袋
  • ・守備用手袋
  •  

必ず必要なもの

  • 中里ミニマックスに入部したら少しずつ揃えていただく用具です。
  • 試合(開会式含む)に行くときには必要になります。
  •  

帽子(ミニマ帽):2300円程度

中里ミニマックスに入部が決まり次第、用具係が代理で購入します。

オーダー品で金額は変動しますが、およそ2300円ほどです。

 

練習用ユニフォーム:上着 2000円前後 ズボン 2500円前後

中里ミニマックスの練習着は上下とも白色、上着は前開きボタンタイプのスタンダードな形状です。

どのスポーツ用品店でも常に取り扱いがあるデザインではないでしょうか。

貸与ユニフォームとは別に1枚〜2枚購入する部員が多いです。

例)上着1着とズボン2着で6000円程度

 

ベルト:1000円前後

ミニマックスの指定色はです。

1年生から入部した場合、途中で1回は買い換えるケースが多いようです。

 

靴下:3足1000円前後

靴下も白色が指定色です。

つま先やかかとが補強してあるハイソックスが、スポーツ用品店で3足1000円前後で購入できます。

汚れが蓄積するので、年に数回買い換えるケースが多いです。

 

アンダーソックス:800円前後

靴下の上から履くアンダーソックス(ストッキング)の指定色はロイヤルブルーです。

公式試合では必ず着用します。

練習の際も怪我を防止するため着用をおすすめします。

サイズ分けはない場合がほどんとです。色あせたり擦れたりしたら買い換えます。

また靴下やアンダーソックスのずり落ち防止のためにソックスバンド(400円程度)が必要です。

例)アンダーソックス2足とソックスバンド1セット 2000円

 

アンダーシャツ:1500円前後

ユニフォームの下に着るアンダーシャツ、ミニマックスの指定色はロイヤルブルーです。

半袖・長袖をそれぞれ2枚ずつ持っていれば間に合います。

スポーツ用品店では2枚セットでお得になることが多く、セット購入がおすすめです。

例)入部時 長袖2枚 2500円

 

トレーニングシューズ:4000円前後

略してトレシュー、ミニマックスの指定色は黒です(白いラインなどはNG)。

試合のときには必ず黒のトレシューが必要になります。

野球専用に作られているので、試合だけでなく練習でも履いている部員がほとんどです。

成長が早い部員は年に数回買い換えています。

20cm前後のトレシューは3000円から購入できますが、23cmを超えると4000円以下のトレシューにはあまりお目にかかりません。

 

順次必要になるもの

安価な物ではありませんのでお下がりを上手に活用してください!

 

グローブ:5000円〜8000円程度

素材やメーカーによって価格が変わります。

初めてのグローブとして最適なオールラウンド用のもので5000円〜8000円程度が相場です。

6年間で1〜2回ほど買い換えるケースが多いようです。

また場合によってはポジション特化型のグローブを購入する部員もいます。

 

バット:8000円〜

バットの価格も素材やメーカーによって様々です。

安いもので8000円程度から、飛距離に特化したバットだと2万円を超えるものまであります。

腕の長さや体格によってバットの長さや重さが決まるため、6年間で2回〜3回程度買い換える場合が多いです。

入部当初は部員のお下がりを使ったり、部員のバットを借りてみて、しっくりくる長さ・重さのものを選ぶといいですね。

もちろん監督コーチやスポーツショップの店員さんに相談するのがベストです。

なおバットはバットケースに入れるか、バットが差し込めるカバンに入れて持ち歩きます。

バットケースは1500円前後で購入できます。

 

スパイク:4000円前後

少年野球ではソールに樹脂製のスタッズがついた「ポイントスパイク」を使用します(金属はNGをです)。

ミニマックスのチームカラーはトレシューと同様に黒で、写真のように靴底の色は問いません。

価格帯や買い替え頻度はトレシューとほぼ変わりません。

現在のところスパイク購入は必須ではありませんが、高学年になるとほとんどの部員がスパイクを履いて練習します。

野球の動きに特化し、怪我防止にもなります。

なお行き帰りはトレシューですので、練習時に履き替えることになります。

 

その他(必ずしも購入しなくて良いもの)

中里ミニマックスでは指定のカバンはありません。

ご自宅にあるカバンでも大丈夫です!

 

ミニマックスでは野球用のリュックを使用している部員が多い傾向があります。

容量が大きく、バットが収納できる形状が特徴です。

またバットケースを別途用意し、斜め掛けのエナメルバッグを使っている部員もいます。

地面に直接置きますし、雨に濡れることも多いですので汚れても拭けるもの、洗えるもの、汚れても構わないものをご準備ください。

 

2019.04.02更新